不眠に悩み看護師さん 質の良い睡眠に向けて【看護師さんのちゅららいふのススメ】

看護師さんのちゅららいふのススメ 看護師さんのちゅららいふのススメ

質の良い睡眠をとるために

質の良い睡眠をとるために

不眠に悩む看護師さん

「しっかり眠ってるつもりでも朝きつくて起きられない」
「明日の事が気になってしまい、なかなか眠れない」

 

不眠で悩む看護師さん、とても多くいらっしゃいます。長期間不眠が続いてしまうと、精神疾患になってしまうリスクも高まります。人間にとって睡眠はとても大切です。質の良い睡眠がとれずにいると、心身への負担は大きくなります。

 

ではなぜ、看護師さんには、不眠に悩む方が多いのでしょうか?

 

その大きな原因となっているのが「夜勤」です。
人には「体温リズム」というものがあります。
日中は高い温度を維持し、夜から下がり始め、夜明け前に最低体温となります。
そして朝になると再び体温が上昇していくのです。
この体温リズムは、夜勤になれたからと言って修正できるものではありません。どうしても夜勤になると、体温リズムに逆らった生活になるので、心身への不調をきたしてしまうのです。リズムが狂うと自律神経系やホルモン分泌系が乱れ、不眠症など精神疾患につながってしまいます。

解決策

◆朝しっかり日光を浴びる
日光を浴びることで、体内時計が1日の時間と同じ24時間に調整されます。

 

◆眠る前は、テレビ・携帯など強い光を放つものの利用はしない
強い光は、脳に強い刺激を与えてしまいます。少なくても、睡眠1時間前は避けた方が良いでしょう。

 

◆睡眠薬を処方してもらう
不眠の症状が改善されない場合は、早めに病院に行きましょう。内服治療をする事で、症状が緩和される方も多くいます。
しかし、不眠の根本的な原因を解決しないまま、薬に頼るのはよくありません。症状が悪化する可能性もあり、薬を服用しないと眠れなくなってしまう危険性もあります。

 

◆夜勤のない職場に転職
どうしても改善されないのであれば、心身を崩してしまう前に転職をする事をおすすめします。日勤のみの勤務や、クリニック・施設などの夜勤のない職場を選びましょう。

おすすめ快眠グッズ

◆アロマオイル
ラベンダーやカモミールなどのアロマオイルの活用は、快眠に繋がる効果があると言われています。アロマオイルをたらしたお風呂に浸かったり、オイルをコットンに染み込ませ、枕元に置いて眠りにつく事もおすすめです。

 

◆枕
枕と快眠の関係は、実は非常に大切です。枕は寝返りをうつのに、とても重要な役割を果たします。誰でも1日に20~30回以上の寝返りをうつといわれており、この寝返りを自然にうてるかが快眠できるために大切なのです。頭がスッポリうまってします柔らかい枕だと、上手に寝返りが打てず、上質な睡眠がとれません。

 

◆ヒーリング効果のあるCD
心地よい音楽を聴きリラックスをすると、脳からα波が出るとされています。そのためリラクぜーション効果が高まり、心地よい眠りにつきやすいのです。ぐっすり眠れるCDなども多く販売されているので、是非聴いてみてはいかがでしょうか?

人気の記事
  • 人気のネットショッピング

    欲しいものが自宅に届くネットショッピングは、忙しい看護師さんの間で人気のお買い物方法です。人気のストレス発散グッズを紹介しているので、参考にしてみて下さいね。

  • 新人さんが抱えている悩み

    覚える事の多さや慣れない仕事、先輩との人間関係など、新人看護師の悩みはつきませんよね。悩みに負けずに前を向くコツを公開しています。

  • 看護師さんの女性特有の悩み

    このページでは、看護師さんが感じる女性特有のお悩みについて紹介しています。合わせて自分の条件にピッタリの求人の見つけ方も公開しています。

  • 看護師の現場の特徴

    多くの看護師さんがストレスを抱えている理由は、特殊な職場環境にありました。あなたの職場はどうですか?看護現場の現状を探っていきましょう。

メンソーレー

沖縄在住暦22年のカウンセラーYと申します。
最近多くの悩みやストレスを感じて、相談に来る看護師さんが増えています。
患者さんの心と身体に優しく寄り添い続けてくれる看護師に、少しでもストレスフリーな生活を送っていただきたくて、このサイトを立ち上げました。